お金のコラム

結婚式に呼ばれたのにご祝儀費用がない!すぐにお金を借りることはできる!?

投稿日:

結婚式 ご祝儀 ない

成人すると、友人や会社の同僚に結婚式に呼ばれることが増えます。

結婚式に呼ばれたけど、すぐにご祝儀を用意することができないという時ってありますよね。

最近では簡単なパーティだけで、結婚式を済ませる場合もあって、何ヶ月も前からではなく直前に誘いがある場合もあります。

でも、結婚式への参加を断るわけにはいかないし、かといって参加するのにご祝儀を持っていかないわけにはいきません。

このような時って本当に悩みますよね。

ギリギリまで参加を迷ったり、お金を用意できないから断ろうと考えているのであれば、この記事を読んでみてください。

まずは結婚式のご祝儀に関しての、金額を知り、対策を行っていくようにしましょう。

 

結婚式に持っていくご祝儀費用について

ご祝儀 3万円 借りる

まず結婚式には、どのくらいのご祝儀の金額を持っていく必要があるのでしょうか?

やはり、自分だけが少ない金額を持っていってしまうと恥をかいてしまいますし、後で新郎新婦に悪い印象を持たれるのも嫌ですよね。(そんな風には思われないかもしれないですが)

友人、同僚:3万円

兄弟、家族、親戚:5万円~10万

大体、このような感じの金額になります。

これは基本の数値なので、例えば就職したばかりの方や若い方だと、3万円が用意できないなどといった場合もありますよね。

その場合は、2万円でも大丈夫なので持っていくことが重要です。

3万円に少し足りなくても、ちゃんとご祝儀を持っていくことで気持ちは伝わります。これが1万円しか持っていかないと流石に恥をかいてしまいますが、2万円ならセーフといった感じです。

とはいえ、やはり3万円が基本のベースとなるので、どうにかして3万円を用意するというのがベターではあります。

兄弟や家族、親族になると3万円では少ないので、もっと多めの5万円は最低でもご祝儀を用意したほうが良いでしょう。

ただし、注意しないといけないのは4万円や9万円といった不吉な数字は絶対に持っていくのは、やめましょう。

4万円よりは、3万円や5万円、9万円よりは縁起の良い8万円や10万円といった金額を用意してましょう。

とはいえ、この3万円という金額を用意するのが難しいので、どうすれば良いのか?という事ですよね。

 

どうしてもお金がない場合は借りるしかない

実際、お金がどうしてもないという場合、はっきり言うと借りるしかありません。

即金になりそうな方法は、こちらの記事で書いていますので参考にしてみてください。

>>すぐにお金が必要で欲しい時に試したい方法!おすすめ10選!

 

しかし、すぐにお金を手に入れるのであれば借りる方が良いです。

身近な人から借りるのが、最も早いのですがなかなか結婚式のご祝儀のためにお金を借りるのも、気がひけるところです。

なんとなく言い出しにくかったりもしますよね。

そんな際には、カードローンでサクッと借りてしまうのがおすすめです。

例えばプロミスやアイフル、アコムなどは、はじめての方は最大30日間利息がつかないので、その期間内に返済してしまうのもおすすめです。

審査に関しても、結婚式費用くらいの少額の融資であれば比較的通りやすいので、借りてすぐに返済できるタイミングで返済するのが良いでしょう。

-お金のコラム

Copyright© 借金8 , 2018 All Rights Reserved.