お金のコラム

友人からお金を借りるよりもカードローンを利用するべき!その理由を解説

投稿日:

友人 お金借りる

お金に困ったときに、まず取る方法といえば、家族や友人にお金を借りるという方法です。

身内であれば、比較的簡単にお金を借りることができますよね。

でも、家族ならまだしも友人の場合は金銭の貸し借りでトラブルが起きやすくなります。

できるのであれば、友人からお金をかりるのは避けたいとさえ思います。なぜかというと後々トラブルになることが多いからです!

その理由に関して、今回は紹介してみます。

 

友人からお金を借りるとトラブルになる!その理由とは!?

友人からお金を借りる事自体は良いのですが、圧倒的にトラブルになりやすいです。

ここからは、トラブルになるケースについて書いていきます。

 

返済が遅れる

まず、最も可能性があるのが返済が遅れてしまうことです。

人間というのは不思議なもので、銀行や消費者金融でお金を借りると気が引き締まるのに、身内や友人となると途端に気が緩んでしまいます。

これは甘えなのですが、どうしても返済の約束をした期日を過ぎてしまうことも。

これでは、相手に申し訳ないですし、信頼関係も崩れてしまいますよね。

 

友人からの催促が鬱陶しく感じる

次に返済に遅れてしまった場合には、友人は催促の連絡をしてくるでしょう。

対面でも、電話やLINEでもきっとかなりの温度感で連絡してくるはずです。

それはそうですよね、大事なお金を借りて返済期日を遅れてしまっていると連絡を頻繁にしてくるはずです。

そうすると、いい加減にはこっちも腹が立ってきたりもします。

返すと言っているのに、何度も返してほしいと言われたら感情的になってしまったりもします。

最終的には連絡を無視したりもするかもしれません。

でも、それって確実に借りているお金を借りているのに返済していないほうが悪いです。これは間違いありません。

お金はすごく大事なものなのに、返済期日を過ぎた挙げ句にちょっと腹が立ってしまっている訳ですからね。

友人からのお金の返済の催促を面倒、鬱陶しく感じはじめたら、かなりまずい状況です。

 

返済できずに絶交してしまう

ここまで来ると、もう取り返しがつかないです。

結局、返済を期限をすぎて、催促も無視して完全にお金を返さないパターンです。

このような人は少ないように感じますが、結構な割合でいます。

そして友人が、お金の返済をしてこなくなったら安心してしまうのです。

でも、そのときには友人との関係は完全に終わっています。いわゆる絶交状態ですね。

ここまできてしまうと、もう本当に最悪ですね。借りている金額にもよりますが、少なかろうと多かろうときっちり返済はしなくてはなりません。

 

なぜ友人からの借金を踏み倒してしまうのか?

そもそも友人からお金を借りる場合には、利息も払わないことが当たり前となっています。

このあたりに関しては、当人同士の取り決めが最初にあるとは思いますが、お金に困っている友人のためにお金を貸す方も利息は取らない場合が多いです。

そして大きな点としては、個人信用情報が汚れないという事。

この点が、カードローンなどと大きく違い返済しなくても元本しか返済の義務が無いし、信用情報にも特に影響を及ぼさないという安心感で、返済が遅れたりしてしまいます。

カードローンでお金をかりる場合には返済が遅れると、信用情報に傷がつきますし延滞遅延金なども支払う必要があります。だからこそ気が緩められないのです。

とはいえ、信用情報が汚れなくても、友人やそのまた友人などの信用は完全に失ってしまいます。これも人生において、大きな損失と言えるでしょう。

こんな事になってしまうくらいなら、カードローンでお金を借りて緊張感を持って返済したほうが余程良いでしょう。

 

まとめ

ここまで書いてみると、友人からお金を借りると、かなりの高確率でトラブルになるという事が分かります。

友人を失うという事は本当に辛いです。

でも、人間はどうしても友人などには甘えてしまうので、その結果最悪な事態になる場合もあります。

一度失った信頼を回復するのは難しいものです、もし謝ったとしても許してくれるかは分かりませんし、お金を返してもギクシャクしてしまうでしょう。

それならばいっそのことカードローンでお金を借りる方が、自分も相手も嫌な気持ちにさせないという考え方もできます。

-お金のコラム

Copyright© 借金8 , 2018 All Rights Reserved.